Tag Archives: Book

2017-09-29 ,

日本その日その日

最近「日本その日その日」というのを読んでいます。長いしなんだか読みづらいのでまだまだ途中までしか読んでいないのですが。

日本その日その日(JAPAN DAY BY DAY)/エドワード・シルヴェスター・モース(Edward Sylvester Morse),石川欣一訳

書かれていることは、明治初頭にアメリカからやってきた動物学者から見た当時の日本です。当時の人々の暮らし方、文化、風習などが見られます。

私は戦国武将なんかに代表されるような歴史にはあまり興味が湧かないのですが、昔の普通の人々がどう暮らしていたのかというのには少し興味があります。 現代に住んでいる我々はとても豊かで便利なくらしをしていると思うんですよ。 でもその便利さを司る物はここ数十年で急速に発展したものが多く、それが無かった時代にはどうしていたのか私には分からないわけです。

郷土資料館に行くと昔の人々のくらしの一部を垣間見ることが出来て面白いことがあります。 例えば、近所のこの辺りは将軍様の鷹狩りの場所に指定されていて住民たちは次のようなことが禁止されていた……。 なんて書かれていると、「ああ、身分制度の無い平等な世の中に生まれて良かったな~」と思うわけです。 (機械だけでなく制度などもここ数十年で大きく発展したものに含まれますね)

そういえば去年末に立川シネマシティで「この世界の片隅に」というアニメ映画を見に行きました。 私が好きそうな日常物(日々の暮らしの中にあるちょっとした個人的な喜びや悲しみを扱った作品)でとてもよい作品でしたが、そこで目に付いたのも昔の人々のくらしでした。 舞台は80~70年くらい前の広島県ですが、真っ先に目に付くのは服装ですよね。 ご婦人や子供が着物を着てる!! 私など生まれてこの方まともに和服を着たことがないんじゃないでしょうか(七五三? 温泉旅館の簡易浴衣?)。 でも当時はそれが普段着だったんですよね。 思えば母方の曾祖母はいつも着物を着ていた気がします。 いつから日本人は着物を着なくなったんですかね。 明治維新以降、男性の比較的近代的な職業から洋装化が進み、最終的に終戦後一気に洋装化が進んだようですが。 井戸で水をくんでかまどで料理するんですよ。全自動洗濯機も掃除機もないんですよ。どれだけ便利になったのかと。 一方で引き継がれているもの、形を少し変えて残っている物もありますが。

私は昔の日本が(全体的に見て)良かったとか戻りたいとか全く思いませんし、もっともっと発展させようぜと思いますが、それでも失った物はあるよなぁとも思います。

そんな今よりちょっと昔を知ることが出来る作品。

ちなみに、この本を見つけたのは比島投降記 ある新聞記者の見た敗戦/石川欣一を読んで同じ作者の本を探してのことでした。

2014-09-30

タブレットで読書

最近10.1インチのAndroidタブレット(Xperia Z2 Tablet)で自炊した本を読んでます。

大きいタブレットだと色々はかどりますね。バッテリーも持ちますし。読むのに疲れたら何か他のものを見たりもできますし(Nexus5でテザリング)。何より版面が見やすいです。

ただ、本のサイズによっては両開きだと文字が小さく、片面だと逆に大きすぎるという場合もあります。今読んでいるのは元がA5サイズですが、まさにそんな感じ。少し文字が小さくなりますが両開きで読んでます。

アプリはezPDF Readerを使ってます。ちゃんとPDFの閉じ方向情報を認識してくれることが必須ですね。両開きで表示したときにページの左右が逆になってしまいますので。余白のカット(ページの切り抜き)表示もできます。

家でも外でも何冊もの本が同じように読めるの良いです。最近は未読の本も有用な本もどんどんスキャンしているのでライブラリも充実してきました。

ちなみに今読んでいるのはアナキズム・イン・ザ・UK -壊れた英国とパンク保育士奮闘記。内容はこことかこことか参照。Life Is A Piece Of Shit ―人生は一片のクソなんだよ。

2014-06-22

白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険

Amazonで見かけて最初の数ページ読んでみて、続きが気になったので購入しました。

白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険

なかなか読ませるじゃないですか。ちゃんと魔法使いの弟子の成長物語になっています。最後まで一気に読んでしまいました。

物語中では「オートマトン」とかその手の専門用語は極力出てこないようになっていて、物語中の設定に従った用語に置き換えられています。
なので知識の無い人でも小難しい単語に翻弄されることはありません。
一応巻末で物語中に出てきた概念と計算理論での概念との対応付けや、それについて詳しく学びたい場合の参考文献が紹介されています。
私はこのあたりの理論は大学や独学で少しかじったり、プログラミング言語などを製作する上で必要な部分を多少知っていたりするだけですが、物語を読みながら「ああ、これはε遷移のことを言ってるんだな」とか記憶を呼び起こされながら読みました。
でもそういう知識が無くても普通に物語として読めるのでは無いかと思います。

後半になるにつれて少し難しくなっていきますが、そういう所は適当に流して読んでも問題ないと思います。
時間があれば、主人公が直面する問題について一緒に解きながら読んでみても面白いかもしれません。

この手の抽象的な理論は、身近な応用と結びつけるとより分かりやすくなると思うのですが、そういった例は自動販売機の例くらいでしょうか。
そういう例がもっとあると、読んだ後にもっとスッキリするのかなぁと思いました。

少し疑問に思ったのは、偽クフ語と万能機械について。偽クフ語の詩集は万能機械に入れる命令を表しているということだと思うのですが、それは偽クフ語をそのまま万能機械に入力すると言うことなのでしょうか。万能機械は、入力された偽クフ語を構文解析して実行する? 
偽クフ語は、作中において手作業で解析をしていましたが、字句の区切りを見つけるのが難しく、また、かなり曖昧な部分が出る言語です。
なので、実際に万能機械を作るとしたら、どのようになるのだろうというのが気になりました。
おそらく命令として有効な文にはさらなる制約があるのでしょうね。

2013-01-01

ピダハン

NHKといえば、これもテレビをつけたときに偶然番組の最後の方を目にしたのがきっかけだったのですが、ピダハンを読みました。

著者のアマゾンのジャングルで暮らした体験談は冒険心を刺激してくれます。

また、言語学についても興味深い考え方を示しています。言語は人間に備わった本能と考えられているが、遺伝子の中に直接的にプログラムされているようなものでは無く、もっと間接的に、環境と長い時間の中で複雑な要因に左右されながら作られていくものではないか、といった感じでしょうか。

2012-03-21

出家とその弟子

確かtwitterで言及されていて興味を持ったんだと思ったけど、出家とその弟子を読んだ。たまにはこういうのを読むのも良いね。

どんなに考えてみても人間ではどうにもできないと思えるから祈るとか願うとかするしか無いでしょ、みたいな感じかなぁ。私は何か超越的な存在(例えば仏様みたいなの)を具体的に信じているわけでは無いので、祈って神仏におすがりする、みたいなのはゾッとする(まあ、すがれとは言っていないと思うけど)。しかし、繰り返し祈り、願うことによって深層意識というか、脳に実現しやすい性質をすり込んでいくというのならば、まだ分からなくも無い。どのみち証拠も無い分からない話ではある。

2011-10-20

自炊と裁断機

長くカッターナイフで切断していたのですが、ついに裁断機をポチってしまいました。

注文したのは改良型裁断機・ペーパーカッター:裁断厚さ:3.7cm

裁断可能な枚数が多いことと、「収納スタンド」 改良型裁断機:(BA68A4)用で縦置きすれば、それほど置き場所にも困らなそうというのが決め手でした。それに安価であることと、改良型は手回しハンドルで固定する手間が無いのも良し。自炊でよく見かけるのはPK-513Lですが、保管に必要なスペースが大きいらしい(ハンドルが上がりっぱなしとか)のでこれまで買う気にならなかったのでした。

カッターナイフと定規での裁断は一度に150~200ページくらいは切断できるのですが、何回も刃を往復させなければなりませんし、切る力も本を抑える力も必要です。1日にそれほど多くの本を裁断することは出来ません。このままだと取り込みたい本をすべて取り込むには何ヶ月かかるか分かりません。なので、諦めて裁断機を購入することにしました。

はてさて、実際にスキャン作業が効率化するでしょうか。到着待ちです。